あたたかい気持ち


 

日本に帰ってきてから、私は家族と暮らしている。

 

いろんな理由があって、そうなっているわけで、

その理由がぜーーんぶなかったとしたら、一緒には暮らしていないのかもしれない。

なんとかぜんぶの理由を無くそうと思って必死になったことも。

 

それでも、結局こうやって同じ家でご飯を食べている。

 

みんなが寝静まったあとに、ひっそりと作業する時間が好き。

 

でも静けさはほんの一瞬だけ。

騒がしさのもとは父のいびき。かすかに、母がまくらの一番よい所を頭で探している音。

それに混じって聞こえてくるリビングの時計の針が、

そんな夜も、ずーーっと続くのではない「時」の意味を少しずつ、確実に深く切り込んでいく。

 

うるさいいびきが聴こえなくなったら、きっと不安になるんだろうなあ

 

音楽っていう、消えていくものと向き合ってきたはずなのに、

自分の気持ちは追いついていないのだ。

覚悟なんて前もってしていたって、心はよわい。

 

だからこそ、ありきたりだけど、精一杯やろうと思う。

眠くなってきたので、寝ます。