自分らしさを失わず成長する事の難しさ


Göteborg, Sweden
Göteborg, Sweden

違う環境で生きていくというのは、芸術を学ぶ上で、新鮮な感覚や刺激を得られる貴重な経験。

そのぶん苦労も多いし不安になる事も多々あるけれど、時間だけは待ってくれないので自信がなくても前に進むしかない。

 

来た当初は、小さなことでも大きく感じて。

一日を過ごす事だけでも、もうへとへとになっていた。

 

色んな人に出会いたくて、

友達もたくさん作りたくて、

練習が終わってから本当は苦手なパーティに顔を出したりして、振る舞い方が分からずひたすらチップス食べたり、

 

初めての1人生活で、

初めての海外生活で、

初めての大学生活。

 

「わからないことばかり」ってこういうことね、

と苦笑いしてしまうくらい、本当に何もわからない。

 

初めて出会う国籍の人と知り合い、

初めてこの地で友だちができて。

そんなこと?と思うようなことも、自分にとって大きな喜び。

 

けんかをして、

思いっきり叱られて、

大学のトイレで一緒に号泣して、

 

言葉が分からず、最初は話せないのが恥ずかしくて、分かっているふりをしてしまって、どんどん授業においていかれたり。

みんなと同じように輪の中に入れず、でも外国人留学生同士でもかたまりたくないという、自分の変な意識に振り回されたり。

この国の人々とうまくやっていくのにつまずいた事はある。

実は、最近もそのことで落ち込んだばかり。

けれど、やっぱり救ってくれたのは自然で、空気に触れて、鳥に(一方的に)挨拶したら、まだまだこれから長いノルウェー生活、ここで逃げずに頑張ろうと思えた。

透き通った湖と深い森、豊かな自然に救われる日々。

 

この国はどこか素朴な国で、たまに味気ないと思ったり、どんなものも手に入る日本が恋しくなったりする。

でも「ここで良かった!」と思えたこともある。色々なことをこの地で経験して、そしてそれを自分がどう受け止めていくのか。

そう考えることで、こういう思いになれたのかもしれない。

 

この国は、一人あたりに対してのスペースが広いように思う。

家や電車が広いというのもあるのかもしれないけれど、なんていえば良いのだろう。気持ちにもゆとりがあり、ゆったりとできる広さを与えられている。

ただテンポが遅いとか、のんびりだらだらしている訳ではない。

やる気さえあれば、どんな人にもチャンスを与えてくれる。やる気があるという事をきちんと伝えれば。

 

チャンスを与えてもらえず、拒絶されたこともあった。

私が日本人だからか、ノルウェー語が辿々しいからか、ただ気に入らないのか。

理由もわからず、とにかく悔しくて、それにやっぱり悲しくなってしまって、涙が止まらなかった。その時はちょっとしたノルウェー人恐怖症みたいなものになってしまって、授業を休んでしまってしまったことも。でも、それはノルウェー人だからではなくて、どんな国にも色んな人がいて、それはどこに行っても起こり得ることだという事を、母が教えてくれた。

その言葉を聞いて、全てにノルウェー人に「ごめんなさい!」と心の中で謝り、胸がきゅっと苦しくなった。

 

大切なことを気づかせてくれた母に、いつかノルウェーのきれいな景色を見せてあげたい。