Club 8


"Everything Goes"

最近聴いている私にとっての究極の癒し、Club 8。

Club 8の曲を聴いてると、

 

美容院のシャンプー

長いフライトの途中でもらう、ミントの香りのウェットティッシュ

寒い日の澄み切った空

 

そんなことを連想する。

「癒し」なんて言葉にしてしまうとなんだか軽くなってしまうけれど、疲れきった体と心にそっとブランケットをかけてくれるような声。

 

朝が苦手な私は、いつも彼らの音楽をかけ支度をするようになり、だんだん朝が好きになって来た。

 

この間、オスロからベルゲンへ向かう電車の中で、6時間半ひたすらClub 8を聴いた。窓に迫る景色が目に入って来た瞬間、自然と私の手はiPodで彼らを選んでいたのだ。

ノルウェーのゆったりした景色は、驚くほどあっさりとしていて、人が住めるのか分からないような崖にポツンとある小さな家が遠くに見える。歩道すらない野原と山が続く。自分は今どこに向かっているのだろう。そう思っている間に彼らの音楽に吸い込まれるかのように眠りについた。

 

気がついたら1時間ほど寝てしまっていた。景色はすっかり変わっていた。

もう5月だというのに雪で一面真っ白。思わず目を3回こすった。

カバンからサングラスを取り出し、さっきの春の景色は幻想だったのか、

いや、この景色を見ている今も夢の中なのか、

それとも違う世界に来てしまったのか、

そんな事を思った。胸の中が静かに踊った。

 

岩にもまだ雪が残っていて、モノクロの世界の中にいるようだ。

窓の外の景色を見ているのか、水墨画を見ているのか。

 

彼らの音楽がイヤフォンを通じて、寝ぼけている私に微笑んでくる。

耳元でささやくような声は、まるで車窓の向こうの風がこっちにまで吹いているようだ。

 

こんな音楽に似合う景色が日々の生活の中にあるのは幸せだと実感する。

 

音楽は絵画や彫刻と違って一瞬で消えてしまう。

車窓からの景色がどんどん変わって行くように、

山の上にある家の灯りがどんどん遠ざかっていくように。

でもそれは素敵な事にも思う。その儚さがさらなる美を生むのかもしれない。永遠など無いのだろう。

 

雪解け水が流れる光景を見ながら、私はまたウトウトし始めた。

ベルゲンはまだまだ遠い。