BIOGRAPHY


Miki Ambo

1989年生まれ。
国立音楽大学附属中学校を経て、同附属高等学校の音楽科へ。
高校3年の夏休みと春休みを、ひとりウィーンで過ごしたことがきっかけで、高校卒業後しばらくウィーンで暮らす。

©Midori Kondoh
©Midori Kondoh

19歳でオスロに渡り、ノルウェー国立音楽大学でピアノを学ぶ。特に、レイフ・オヴェ・アンスネス、リヴ・グラーセルのレッスンを受けられたのは宝のような経験。
在学中は、デンマークで行われた北欧音楽療法学会に参加したり、ノルウェー総合情報サイトノルウェー夢ネットでエッセイを連載したり、少しずつ広がっていった大切な時間。
 
震災後、仙台市内の小学校をまわり、北欧についての話と北欧音楽を演奏。
 
2012年、フィンランドのシベリウス音楽院に留学。寂しげで美しいバルト海の波は、ノルウェーでは見たことのない色に染まっていた。ヘルシンキ市内のこじんまりしたカフェでアフリカに学校を建てるNPO団体主催のチャリティーイベントが行われ、ピアノを演奏。
日本のラジオ番組FM802 "Swedish House SWEDISH STYLE"に出演、北欧の暮らしについて話す。
ヘルシンキで一年過ごした後オスロへ戻る。4年住んでいた街もまったく違って見えた。


2013年に帰国。
 
日本・ノルウェー音楽家協会、日本グリーグ協会会員。

 

 

《主な出演・活動歴》

ショパン生誕200周年記念コンサート (ポーランド大使館、オスロ)

◆オスロ・カルチャー・ナイト2011(オスロ)

◆ウィンター・サウンド・フェスティバル(オスロ)

ノルウェー赤十字社主催チャリティーコンサート「Gift to Japan」(オスロ)

◆北海道教育大学函館校主催 仙台フィル支援チャリティーコンサート(函館)

◆"GOD JUL" 〜ピアノとオーボエで感じる北欧のクリスマス(旭川)

日本・ノルウェー音楽家協会リサイタル・シリーズ第1回ピアノリサイタル (ノルウェー王国大使館、東京)

◆横浜山手西洋館絵本フェスティバル スカンジナビアの絵本 ピアノコンサート(横浜)

◆グリーグ生誕170年記念演奏会(東京)

社会音楽家 in Classic(東京)

◆西南学院大学にて講演(福岡)

◆FUGLEN TOKYO(オスロに本店を構えるカフェ・バー)にて演奏(東京)

ART CROSS-BORDER 第一回 伊藤 真弥 × Miki Ambo「二十四歳の原点」(東京)

ART CROSS-BORDER 第二回 安保 美希 × 猪俣 昌也 × 絹川 明奈―「音、そして体による再表現」―(東京)

◆福岡ノルウェー友好協会の式典にて演奏(福岡)

レクチャー・コンサート第一回 ノルウェイの音楽と美術の出会い(東京)

北欧勉強会「北欧の音楽と自然ー音大留学で学んだことー(大阪)

北欧ファミリーDAYS 2015 音楽ワークショップ(東京)

◆グリーグ作曲「ピアノ協奏曲イ短調op.16」を松井眞之氏(指揮)、マイスター・シンフォニカ(管弦楽)と共演(東京)

◆北欧音楽トーク&ミニコンサート「北の大地に訪れる 短い夏に想いを馳せて」(東京)